素行調査費用

探偵や興信所の調査費用体系は実にグレーです。

旦那や彼氏の浮気調査や素行調査、あるいは行方不明になった人の人探しを探偵事務所にお願いしようと思った時、一体どのくらいの調査費用がかかるものなのか?

 

浮気調査などは普段から何度も調査を依頼するものではありませんから、こういう素朴な疑問が頭に浮かびますよね。

 

最近では各探偵事務所や興信所もホームページを掲げ、浮気調査や素行調査の場合の費用はだいたいいくら、人探しの場合の費用はいくら、と掲載している所も多くなりました。

 

しかし、いざ調査が終わってみたら後から高額な追加料金を請求されたり、最初に貰った見積もりとは全く異なる金額を請求されるという事が、実は少なくないのです・・・

 

つまり、“調査費用が不透明であいまい”というのが、まだまだこの業界の特徴なのです。

 

ですから、調査後のトラブルを未然に防ぐためにも、探偵業界の一般的な調査費用の相場料金体系の特徴を知っておくことは非常に重要です。

3種類ある探偵事務所の調査費用のパターン

探偵事務所や興信所の料金体系には、大きく分けて3つのパターンがあります。

「時間料金制」「パック料金制」「成功報酬制」の3つです。

それぞれの特徴と、メリット・デメリットを簡潔に紹介します。

調査のパターン メリット デメリット
時間料金制
(最も一般的)
「1時間いくら」という形なので、調査費用が明確です。 調査期間が長期間になるとそのぶん調査費用が高くなるので、その場合は不向き。
パック料金制 最初から払う金額が決まっているので安心できます。 調査が短期間で終わってしまった場合は、余計な調査費用を払ってしまう事になります。
成功報酬型 調査後の結果に応じた後払いが可能です。 調査終了や成功の「定義」があいまいになりがちなので、事前の綿密な話し合いが重要です。

時間料金制、パック料金制、成功報酬制のいずれにしてもメリットとデメリットがあります。

このサイトで紹介している安心できるオススメの探偵事務所さん3社の中でさえも、はやぶさ探偵社さんはパック料金制、原一探偵事務所さんは時間料金制、HAL探偵社さんは成功報酬型と、調査料金の課金体系は異なりますからね。


一般的なのは時間料金制


探偵事務所の料金体系として最も一般的な費用体系は時間料金制です。

全国の多くの探偵事務所がこの時間料金制を採用しています。

今回私が出した結論としては、浮気調査を行う日数を1日や2日の最小限にとどめ、その上で時間料金制の探偵事務所さんにお願いをするのが最も調査費用を安く抑える方法です。

l※しかし、結局は追加料金などを上乗せされる傾向にあるので注意が必要です。

(その点、はやぶさ探偵社さんなどは料金が一律なので安心です)

浮気調査や素行調査の費用を安く抑える方法は別ページで紹介していますので、参考にしてください。

一般的な素行調査費用の目安

一般的な素行調査費用の目安を掲載します。

 

通常は、簡単な素行調査や浮気調査でも単独で行う事は稀で、まっとうな探偵事務所であれば2名体制以上で行うのが普通です。

 

なぜなら、例えば追跡者が“出口の複数ある建物”に入ってしまった場合、複数ある出入口を1人で監視するのは物理的に不可能だからです。

 

他には、徒歩で移動していた追跡対象者が、急にバイクや車などで移動を開始する可能性もありますよね。

 

ですから、必然的に素行調査や浮気調査は2名以上で行う事になります。

 

「うちは1人で調査をしますから調査料金は格安ですよ!」等と言ってくる探偵事務所は悪徳業者の可能性もありますから、よく注意するようにし・ワしょう。

 

では、2名で調査を行うとした場合の1時間の素行調査費用の目安を紹介しておきます。

 

 

素行調査費用

素行調査費用の内訳

 

素行調査や浮気調査の費用の相場は分かったと思います。

 

1時間あたりで25000円以内におさまる探偵事務所がほとんどなので、この料金と比べて高すぎる所は何かおかしいと気づくはずですし、逆に調査料金が安すぎる場合は、ちゃんと調査をしない悪徳探偵の可能性があるという事ですね。

 

何か特別な事情がない限りは調査費用はこれくらいになる事は覚えておきましょう。

 

 

では、1時間に1、2万円も課金する探偵事務所や興信所の仕事内容とは何なのか?

 

素行調査費用の内訳についてご紹介します。

 

大きく分けて素行調査の費用は下記のように2つに分かれます。

 

調査料金

調査を開始するに当たっての着手金や、捜査員の人件費などが素行調査の基本料金です。

 

あとは深夜の張り込みや、興信所によってはボディーガードのような危険な調査をする事もありますから、そういった場合は調査料金がベースの料金に上乗せされます。

 

諸々の経費

調査員の交通費、宿泊費、車のガソリン代や高速道路料金などの経費があります。

 

追跡者の情報入手に必要な諸所の機材や通信費も経費に含まれます。

 

依頼者用の、調査の報告書を作成する費用もここに含まれるでしょう。